交通事故の対応を弁護士に依頼する利点

ご自身で対応される場合と交通事故弁護士に依頼される場合の比較

  •  
  • ご自身で対応される場合
  • 交通事故弁護士にご依頼される場合

警察への届出

ご自身で対応される場合

事故後の対応によって、人損事故であるものが物損事故として警察に処理されてしまうことがあります。結果として損害賠償請求で不利になる場合があります。

交通事故弁護士にご依頼される場合

適切な事故処理は、適切な損害賠償を受けるうえで重要なポイントになります。

→人損事故として認めてもらえる。

実況見分

ご自身で対応される場合

事故の状況を証明する証拠が不十分だと、事故状況についての争いになり、水掛け論から、紛争が長期化する場合があります。

交通事故弁護士にご依頼される場合

必要な証拠の収集をサポートします。
また、お電話では警察による実況見分のアドバイスをさしあげることができます。

病院での治療症状固定

ご自身で対応される場合

保険会社から「症状固定」と決定され、治療費の補償が不当に打ち切られる場合があります。

交通事故弁護士にご依頼される場合

治療費の補償が不当に打ち切られることがないよう交渉することができます。

例:3ヶ月で打ち切り→6ヶ月まで延長

診断書の作成
後遺障害の認定

ご自身で対応される場合

医師に作成してもらった後遺障害診断書だけでは、後遺障害の立証が不十分で、後遺障害の等級が適正に認定されない場合があります。

交通事故弁護士にご依頼される場合

適正な後遺障害の等級認定を受けるための、後遺障害診断書の作成や追加の医証収集についてアドバイスいたします。

示談交渉・裁判

ご自身で対応される場合

相手の保険会社が提示してきた賠償額が妥当か分からないまま、裁判所で認められるのよりも、かなり低い金額で示談してしまう場合がかなりあります。

交通事故弁護士にご依頼される場合

「裁判所の基準」にもとづいた適正な損害賠償額で示談交渉してもらうことができます。

大本総合法律事務所の弁護士に依頼するメリット(まとめ)

交通事故にあったら弁護士に依頼するケースと依頼しないケースで、大きく差がでます!

  • 本当に正当な示談金額を提示されているのでしょうか?

    ~「保険会社の基準」は、実は「裁判所の基準」とは 大違いなのです。

  • 後遺症で生活が不自由なのに示談金額が低すぎるというケースが、多いです。

    ~ひとつ上の等級がつくと、200~500万円の差が出ることも~

  • 有効的に使おう!「弁護士費用特約」

    ~「自分以外(家族など)の保険契約」に弁護士費用特約がついている方 相談費用10万円、弁護士費用300万円までをカバーしてもらえます~(同特約を利用しても、後の保険料が高くなることもありません!)